渋川市観光ガイド

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
渋川市美術館・桑原巨守彫刻美術館
竹久夢二伊香保記念館
伊香保保科美術館
徳冨蘆花記念文学館
赤城歴史資料館
北橘歴史資料館
ハラ ミュージアム アーク
伊香保町立伊香保関所
羽鳥文化振興財団・日本シャンソン館
金島の浅間石
金蔵寺のシダレザクラ
早尾神社の大ケヤキ
藍園墓地の大ケヤキ
下郷の大クワ
祖母島のキンモクセイ
伊香保グリーン牧場
渋川スカイランドパーク
伊香保石段の湯
伊香保露天風呂
黄金の湯館
小野上温泉センター
スカイテルメ渋川
白井温泉こもちの湯
ユートピア赤城
赤城の湯ふれあいの家
北橘温泉ばんどうの湯

渋川市観光ガイド

 榛名火山東斜面の末端部緩傾斜地と利根川の河岸段丘上に立地し、中心集落の渋川は利根川と吾妻川の合流点南西に接する典型的な谷口集落です。近世以来越後へ通じる三国街道の宿場町、北部山地と南部平野の物資を扱う各種の座をもつ2、7日を市日とする六斎市の市場町として発展し、米、塩、薪炭、日用雑貨などの取り引きがおこなわれました。また、三国街道の宿駅がおかれ、宿場町としてもさかえた。

 明治になって前橋、高崎、中之条、沼田へ通じた馬車鉄道は、のち電気鉄道にかわり、伊香保温泉にも電車が通じましたが、大正10年国鉄上越線が開通、さらに沼田方面に延長、昭和20年には長野原線の分岐点となりました。電気鉄道は廃止されましたが、交通の要衝であることに変わりはありません。

 重化学工業化がすすめられ、鋼、苛性(かせい)ソーダ、塩酸、火薬などを生産しています。また、在来工業では、製糸や木工業のほかに、榛名山山麓の軽石を原料とする建築材料のブロックの製造が盛んです。農業は米作と養蚕を中心に、コンニャクやリンゴの栽培、養豚がおこなわれています。渋川スカイランドパーク、スカイテルメ渋川などがあり、JR上越線から吾妻線が分岐し、関越自動車道、国道17号、353号がとおります。伊香保温泉、榛名湖への玄関口でもあり、観光シーズンには市街の道路が大渋滞します。西部の折原はリンゴの特産地。伊香保温泉への玄関口でもあります。


古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
渋川市観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク北軽井沢グルメガイド



浅間高原ウインターフェスティバル